株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヘリオスが大幅高3連騰で底値離脱の動き、体性幹細胞再生医薬品の国内治験に期待  4月01日09時05分

 ヘリオス<4593.T>が大幅高で3連騰、ここにきて上値指向を強めている。テクニカル的にも5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを示現し底離れの兆しをみせている。同社はiPS細胞関連技術などを活用した再生医薬品の創薬ベンチャーで、業績は大幅赤字が続いているものの、再生医療分野での新薬開発に対する期待が大きい。31日取引終了後、体性幹細胞再生医薬品「HLCM051」の急性呼吸窮迫症候群を対象とする国内治験で患者の組み入れが完了したことを発表しており、これを手掛かり材料とする買いを呼び込む格好となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレク、アドバンテストなど買われる、米半導体株に追い風吹きアプライドMは最高値◇
EAJはカイ気配、厚労省から「入国者等健康フォローアップセンター業務」を受託
東京株式(寄り付き)=反発、米ナスダック上昇と円安が追い風


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »