株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ネットワンシステムズ、第一生命HD、SCREENホールディングスなど  4月02日07時15分

銘柄名<コード>1日終値⇒前日比
日本マイクロニクス<6871> 1787 +102
半導体関連軒並み高の流れに乗る。

日本製鉄<5401> 1812.5 -74.0
足元好調だった景気敏感株には利益確定売り嵩むも25日線がサポート。

エル・ティー・エス<6560> 4080 +230
リバウンド基調強まり200日線も突破。

ネットワンシステムズ<7518> 3715 +180
大幅高で25日線と75日線によるゴールデンクロスも視野に。

フィル・カンパニー<3267> 2442 +193
一部のメディアで取り上げられたもよう。

スター・マイカ・ホールディングス<2975> 1332 +118
第1四半期好スタートや自社株買いを評価。

第一生命HD<8750> 2083.0 +181.0
大規模な自己株式の取得発表がサプライズに。

システムソフト<7527> 178 +11
「SKIPS」利用斡旋会社数が3000社を突破。

三井ハイテック<6966> 5020 +390
抵抗線突破から上値追い妙味広がる形に。

テー・オー・ダブリュー<4767> 329 +8
一部のメディアで取り上げられているもよう。

トリケミカル研究所<4369> 3725 +200
半導体株高の流れが波及か。

SCREENホールディングス<7735> 10330 +590
米SOX指数の上昇で半導体製造装置関連に買いが向かう。

東芝<6502> 3910 +170
米社によるキオクシアの買収検討報道が伝わる。

藤倉コンポジット<5121> 551 -57
週初からの株価上昇で短期的な過熱感も。

AOI TYO Holdings<3975> 663 -43
特に材料なく高値圏で利食い売り集まる。

日本エンタープライズ<4829> 260 -13
第3四半期好決算発表も出尽くし感につながる。

キャリアインデックス<6538> 683 -37
昨年末もみ合い水準までのリバウンドで戻り売り優勢。

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242> 857 -59
大阪府に「まん延防止等重点措置」適用方針と伝わる。

夢真ビーネックスグループ<2154> 1682 -79
1日が合併初日だが30日にかけての急伸の反動続く。

ニトリHD<9843> 20525 -900
決算数値は想定通りでサプライズなし。

ラウンドワン<4680> 1185 -60
大阪での感染者数拡大もマイナス視へ。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »