株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、ソフトバンクGが1銘柄で約66円分押し上げ  4月02日12時33分

2日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がりは115銘柄、値下がり103銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は大幅続伸。331.75円高の29720.62円(出来高概算5億2023万株)で前場の取引を終えている。

前日の米国市場でNYダウは反発。バイデン大統領が発表した大型インフラ計画による景気押し上げ期待のほか、1983年来で最高を記録した3月ISM製造業景況指数などが相場をけん引。また、米10年物国債利回り(以下、米長期金利)が低下し上昇一服感が鮮明になったことからハイテクも大きく買われ、ナスダックは1.76%高、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)は3.69%高と大幅に上昇した。この米株高の流れを追い風に日経平均も315.79円高の29704.66円でスタートすると、29840.04円まで上値を伸ばした。ただ、今夜に米雇用統計の発表を控えているほか週末要因もあり、買い一巡後は目先の利益を確保しておきたいとする売りから上げ幅を縮小した。

個別では、バイデン米大統領による長期成長戦略の中に半導体生産支援などが盛り込まれたことや台湾TSMC(台湾積体電路製造)が向こう3年で1000億ドルの投資を計画しているとの報道を刺激材料に東京エレクトロン<8035>、レーザーテック<6920>、アドバンテスト<6857>など半導体関連株が軒並み大幅高となっている。また、自民党内での「こども庁」創設を巡る報道を受けて思惑が高まったJPホールディングス<2749>が急伸し、業績関連のリリースを材料に日本電気硝子<5214>、象印マホービン<7965>などが大幅高となっている。香港の投資ファンドであるオアシス・マネジメントによる大量保有が判明した北越コーポ<3865>も思惑から買いが向かった。

そのほか、売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ソニーグループ<6758>、ファーストリテ<9983>、トヨタ<7203>、キーエンス<6861>、村田製作所<6981>、マネックスG<8698>などが高い。

一方、月次動向の鈍化が嫌気されたKeePer技研<6036>が大幅に下落。バイオ燃料事業が最短でも営業黒字に転換するのが2025年9月期になる見通しと報じられたユーグレナ<2931>は朝方買い先行も売りに押されて下落に転じた。そのほか、売買代金上位では、三菱UFJ<8306>、ファーマフーズ<2929>、野村<8604>、三井住友<8316>、武田薬<4502>、伊藤忠<8001>などが安い。

セクターでは、電気機器、情報・通信、鉱業、機械、パルプ・紙、化学などが上昇率上位に並んでいる。一方、海運業、電気・ガス業、卸売業、石油・石炭製品、証券・商品先物取引業が下落率上位となった。東証1部の値上がり銘柄は全体の62%、対して値下がり銘柄は33%となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約66円押し上げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>、ソニーグループ<6758>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはテルモ<4543>となり1銘柄で日経平均を約5円押し下げた。同2位は第一三共<4568>となり、伊藤忠<8001>、オリンパス<7733>、サイバーエージェント<4751>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  29720.62(+331.75)

値上がり銘柄数 115(寄与度+383.22)
値下がり銘柄数 103(寄与度-51.47)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     9697          306 +66.12
<9983> ファーストリテ    89470         1510 +54.38
<8035> 東エレク        50340         1360 +48.98
<6857> アドバンテ       10420          340 +24.49
<6758> ソニーG         12155          505 +18.19
<6762> TDK           16120          420 +15.12
<6988> 日東電          9800          390 +14.04
<6367> ダイキン        22840          340 +12.24
<6954> ファナック       27830          315 +11.34
<6098> リクルートHD      5365           86 +9.29
<6976> 太陽誘電         5530          200 +7.20
<4021> 日産化学         6260          190 +6.84
<4519> 中外薬          4571           61 +6.59
<6645> オムロン         8980          180 +6.48
<4063> 信越化         19060          165 +5.94
<9433> KDDI           3464           27 +5.83
<6506> 安川電          5740          140 +5.04
<6971> 京セラ          7045           66 +4.75
<7269> スズキ          5141          107 +3.85
<6902> デンソー         7211          101 +3.64

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4543> テルモ          3957          -37 -5.33
<4568> 第一三共         3113          -42 -4.54
<8001> 伊藤忠          3492          -76 -2.74
<7733> オリンパス      2257.5          -18 -2.59
<4751> サイバー         1944          -76 -2.19
<9766> コナミHD         6700          -60 -2.16
<4502> 武田           4033          -52 -1.87
<8015> 豊通商          4585          -50 -1.80
<6305> 日立建          3455          -45 -1.62
<4506> 大日住薬         1910          -35 -1.26
<8058> 三菱商          3035          -35 -1.26
<7267> ホンダ          3285          -15 -1.08
<1925> 大和ハウス       3217          -26 -0.94
<4151> 協和キリン       3305          -25 -0.90
<8031> 三井物          2222         -24.5 -0.88
<8002> 丸紅           887.1         -24.2 -0.87
<2871> ニチレイ         2800          -42 -0.76
<7912> 大日印          2258          -38 -0.68
<1963> 日揮HD          1308          -19 -0.68
<6178> 日本郵政         945         -17.1 -0.62



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »