株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

篠崎屋が大幅高、非開示だった上期経常利益は2.5倍増益見通し  4月02日09時45分

 篠崎屋<2926.T>が大幅高に買われている。1日の取引終了後、非開示だった21年9月期上期(20年10月~21年3月)の非連結業績予想を発表。売上高15億3700万円(前年同期比5.0%増)、経常利益5600万円(同2.5倍)に伸びる見通しとしており、これが好感されている。

 顧客数は前年並みとなったものの、顧客単価が上昇したことが収益を押し上げた。上期は利益率の高い高付加価値商品を注力しつつ、お買い得感のある「生活応援企画商品」を強化することで顧客数の確保と売上高の拡大に取り組んだという。同時に、従来未定としていた上期配当を見送る方針とした。なお、通期予想は引き続き非開示としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
2日韓国・KOSPI=寄り付き3104.72(+17.32)
<個人投資家の予想> 04月02日 09時
セルソース3連騰、富士製薬と不妊治療領域で事業提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »