株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

あさひは3日ぶり反落、仕入れコスト増などで22年2月期営業益予想20%減  4月06日09時21分

 自転車小売り大手のあさひ<3333.T>が3日ぶりに反落している。同社は5日取引終了後に、22年2月期通期の単独業績予想を公表。営業利益見通しを前期比20.6%減の54億5000万円としていることがネガティブ視されているようだ。

 コロナ禍での需要が続くとみて売上高予想は同0.8%増の700億円を見込んでいるものの、仕入れコストの上昇や販管費の増加が利益面に影響すると予想している。なお、21年2月期通期の単独決算は売上高が前の期比16.0%増の694億5600万円、営業利益が同71.3%増の68億6300万円で着地した。

 また、あわせて発表した3月度の既存店売上高(速報値)は前年同期比9.1%増となり、5カ月連続のプラス。既存店の客数が同2.0%増となったほか、客単価が同7.0%増となったことが寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JINSHDが3日続伸、21年8月期業績予想と中間配当を上方修正
ソフトバンクGは売り買い錯綜で売買代金突出、買い先行後に値を消し1万円大台攻防
キユーピーが大幅続伸、巣ごもり需要と資産売却で12~2月期最終利益77%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »