株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

吉野家HDは21年2月期業績の赤字幅縮小を発表  4月06日16時48分

 吉野家ホールディングス<9861.T>は6日取引終了後、21年2月期連結業績予想の赤字幅縮小を発表した。売上高は1723億円から1703億4800万円(前の期比21.2%減)に見直したが、営業損益は87億円の赤字を53億3500万円の赤字(前の期は39億2600万円の黒字)、最終損益は90億円の赤字を75億300万円の赤字(同7億1300万円の黒字)に修正した。売上高は1月の緊急事態宣言による営業時間短縮の影響もあり、従来予想を下回る見通しだ。ただ、損益面では仕入れコスト低減を含む全社的なコストダウンの効果が表れたほか、原価ロスや労働時間などのコストコントロールが奏功し、下期の営業利益は黒字に転じたようだ。また、助成金収入を営業外収益に計上したことも業績の押し上げ要因に働いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 04月06日 16時
サイバートラの公開価格は1660円に決定、4月15日マザーズ市場に新規上場
郵船は21年3月期経常利益予想を約2000億円に増額修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »