株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:大和ハウスやセブン&アイホールディングスなどに注目  4月07日09時07分

6日の米国市場では、NYダウが96.95ドル安の33430.24、ナスダック総合指数が7.21pt安の13698.38、シカゴ日経225先物が大阪日中比20円安の29680。7日早朝の為替は1ドル=109.70-80円(昨日大引け時は110.16円)。本日の東京市場では、昨日は売りに押されたソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、ソニーG<6758>、村田製<6981>などに押し目買いが予想される。米長期金利低下から三菱UFJ<8306>など大手金融株はさえない動きを強いられよう。昨日大引け後の情報開示銘柄では、好決算や増配、好調な月次売上高などを発表したディスコ<6146>、古野電気<6814>、オンワードHD<8016>、郵船<9101>などの値上がりが期待される。反面、前2021年3月期の赤字拡大予想を発表したアルプスアルパイン<6770>は軟調が予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された住友林業<1911>、大和ハウス<1925>、システナ<2317>、日鉄ソリューションズ<2327>、野村不動産ホールディングス<3231>、オープンハウス<
3288>、セブン&アイホールディングス<3382>、SUMCO<3436>、TIS<3626>、インターネットイニシアティブ<3774>、大塚商会<4768>、三井金属<5706>、三菱マテリアル<5711>、竹内製作所<6432>、明電舎<6508>、ダイヘン<6622>、ヨコオ<6800>、京セラ<6971>、コンコルディア<7186>、いすゞ<7202>、ヤマハ発動機<7272>、日本ユニシス<8056>、しまむら<8227>、丸井<8252>、三菱UFJ<8306>、りそなHD<8308>、三住トラスト<8309>、三井住友<8316>、千葉銀<8331>、ふくおかフィナンシャル<8354>、第一生命HD<8750>、三井不<8801>、三菱地所<8802>、ゴールドクレスト<8871>、西武HD<9024>、日通<9062>、NTT<9432>、ソフトバンク<9434>、ソフトバンクG<9984>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »