株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は小反発、ソフトバンクGとアドバンテで約49円分押し上げ  4月07日18時18分

7日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり162銘柄、値下がり62銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は小反発。前日の米国株式市場では史上最高値付近での利益確定売りが優勢となりNYダウは終日軟調に。ナスダックも長期金利の低下で底堅く推移したが引けにかけて下落に転じた。前日に400円近く下げていた日経平均は、国際通貨基金(IMF)による世界経済見通しの上方修正や原油価格の上昇を背景とした景気回復期待のほか、前日に大きく下げていたハイテク株の持ち直しなどを支えに、小高くスタートすると上げ幅を一時170円超までに拡げた。ただ、その後失速すると一時はマイナスに転じる場面も。それでも、再び上昇に転じた後、後場は小幅にプラス圏での推移を維持するなど、終始こう着感の強い動きとなった。

大引けの日経平均は前日比34.16円高の29730.79円となった。東証1部の売買高は10億8380万株、売買代金は2兆5516億円だった。セクター別では、鉄鋼、海運業、金属製品、非鉄金属、鉱業などが上昇率上位となった。一方、医薬品、陸運業、証券商品先物、保険業の4業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は83%、対して値下がり銘柄は全体の14%であった。

値上がり寄与トップはソフトバンクGと<9984>となり1銘柄で日経平均を約26円押し上げた。同2位はアドバンテスト<6857>となり、TDK<6762>、豊田通商<8015>、アサヒグループ<2502>、太陽誘電<6976>、トヨタ<7203>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約62円押し下げた。同2位はエムスリー<2413>となり、信越化学<4063>、東京エレクトロン<8035>、中外製薬<4519>、ネクソン<3659>、第一三共<4568>などがつづいた。


*15:00現在


日経平均株価  29730.79(+34.16)

値上がり銘柄数 162(寄与度+200.98)
値下がり銘柄数  62(寄与度-166.82)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     10000          119 +25.71
<6857> アドバンテ       10920          320 +23.05
<6762> TDK           16640          590 +21.25
<8015> 豊通商          4830          165 +5.94
<2502> アサヒ          4725          162 +5.83
<6976> 太陽誘電         5620          140 +5.04
<7203> トヨタ          8487          121 +4.36
<6724> エプソン         1800           48 +3.46
<9433> KDDI           3481           15 +3.24
<9064> ヤマトHD         3095           90 +3.24
<6758> ソニー         12165           85 +3.06
<3382> 7&iHD           4538           85 +3.06
<4543> テルモ          3911           20 +2.88
<6988> 日東電          9720           80 +2.88
<6479> ミネベアミツミ     2889           78 +2.81
<7735> スクリン        10930          390 +2.81
<7269> スズキ          4850           77 +2.77
<7272> ヤマハ発         2745           72 +2.59
<8830> 住友不          3856           68 +2.45
<5108> ブリヂストン      4431           62 +2.23

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    89490         -1720 -61.94
<2413> エムスリー       7845         -172 -14.87
<4063> 信越化         19010         -295 -10.62
<8035> 東エレク        49250         -230 -8.28
<4519> 中外薬          4388          -76 -8.21
<3659> ネクソン         3545         -100 -7.20
<4568> 第一三共         3001          -64 -6.91
<4523> エーザイ         7379         -153 -5.51
<6954> ファナック       27680         -145 -5.22
<4911> 資生堂          7483         -111 -4.00
<4507> 塩野義          5782          -86 -3.10
<4502> 武田           3826          -68 -2.45
<4503> アステラス薬      1654         -13.5 -2.43
<9766> コナミHD         6630          -60 -2.16
<6367> ダイキン        22505          -55 -1.98
<4151> 協和キリン       3250          -55 -1.98
<4901> 富士フイルム      6569          -50 -1.80
<9735> セコム          9328          -49 -1.76
<9009> 京成           3550          -65 -1.17
<9022> JR東海         16080         -315 -1.13



<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »