株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

栄電子が急動意、需給逼迫を背景とした半導体設備投資拡大の恩恵で思惑  4月08日12時46分

 栄電子<7567.T>が急動意。全体軟調相場に抗して6%を超える上昇で、今月5日の戻り高値569円を上抜き上値指向を明示している。電子部品商社で半導体製造装置向けのデバイスを主力としている。現在、世界的に半導体需給の逼迫状態にあり、米国ではバイデン政権が打ち出すデジタルインフラ投資拡充において半導体の供給網強化に動き出す構えをみせている。これを背景に半導体メーカーの設備投資需要を受ける半導体製造装置メーカーなどが買いを集めたが、更に川下の半導体製造装置向けに部品を提供するメーカーや商社に物色の矛先が向いてきた。同社はその流れに乗る形で出遅れ修正狙いの買いを呼び込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場に向けて=「東芝M&A」の衝撃波が生む半導体相場
カネカ大幅続伸、国内大手証券が2段階格上げし目標株価も大幅増額
<個人投資家の予想> 04月08日 12時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »