株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証14時 再び上げ幅拡大 米株先物上昇で短期筋の買い  4月09日14時16分

 9日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は再び上げ幅を広げ、前日比200円超高い2万9900円台まで強含む場面があった。日本時間9日午後のシカゴ市場の時間外取引で米株価指数先物が上昇しているのを受け、短期筋が日経平均先物に買いを入れたとみられる。

 外国為替市場では円相場が1ドル=109円台前半で伸び悩む場面があり、自動車や機械など輸出関連株の一部が堅調。もっとも、週末の午後とあって持ち高を一方向に傾ける動きは乏しく、引き続き上値では利益確定の売りも出ている。

 14時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆9726億円、売買高は8億146万株だった。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに上げ幅を広げている。

 東エレクが上昇に転じた。第一三共や塩野義も高い。ダイキンも買われている。一方、住友鉱が安い。ファストリやセブン&アイが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »