株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ユーザベースは3日ぶり反発、国内大手証券は「1」を継続  4月09日13時05分

 ユーザベース<3966.T>が3日ぶりに反発。SMBC日興証券は8日、同社株の投資評価の「1」を継続した。ただ、目標株価は3900円から3400円に引き下げた。昨年11月に米国を中心に経済ニュースメディアを展開するQuartz事業から撤退することを発表している。同証券では、同事業からの撤退は短期的な損益改善に貢献するが、中長期的な業績成長の確度は低下した、と指摘。業績予想期間を従来の10年間から他のメディアカバレッジ企業と同様に5年間に見直したことに伴い、目標株価を引き下げた。ただ、同事業撤退や広告市況回復などにより短期的な業績モメンタムは上向くとし、投資評価は継続した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
コジマが急反発し年初来高値、50万株を上限とする自社株買いを実施へ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にファストリ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »