株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

丹青社は反発、NTTドコモと展示施設におけるARガイドアプリの実証実験開始  4月09日14時44分

 丹青社<9743.T>は反発。同社はきょう、NTTドコモ(東京都千代田区)と5G時代に求められる低遅延、高セキュリティーなどの特徴を持つマルチアクセスエッジコンピューティングを活用した展示施設におけるAR(拡張現実)ガイドアプリケーションの実証実験を実施すると発表しており、これが好感されているようだ。

 ARガイドアプリケーションは展示品にスマートフォンをかざすだけで、3DCGや動画で展示品の紹介やクイズなどが表示されるもので、2次元バーコードなどの読み取りは必要としない。今後、同社ではこの実証実験で得られた有用性の検証結果を踏まえ、5G時代のソリューションとしてミュージアムや観光施設、商業施設などへの展開を視野に入れた実用化の検討を進めるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に東芝
ライフコーポが反発、4月30日付で400万株の自社株を消却
マニーが大幅反発、26年8月期に営業利益100億円を目指す新中計を発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »