株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

豪ドル週間見通し:底堅い展開か、3月雇用統計が手掛かり材料に  4月10日14時37分

■弱含み、金融緩和策の長期化観測を意識

今週の豪ドル・円は弱含み。豪準備銀行(中央銀行)は政策金利の据え置きを予想通り決定し、「今年と来年はトレンドを上回る成長を予想」と表明した。しかしながら、雇用や物価達成には引き続き慎重な見方を示し、現行の金融緩和策の長期継続が再確認されたことから、豪ドル売り・円買いが優勢となった。取引レンジ:83円04銭-84円46銭。

■底堅い展開か、3月雇用統計が手掛かり材料に

来週の豪ドル・円は底堅い展開か。4月15日発表の3月雇用統計が注目される。失業率の低下や雇用者数増加は豪ドル買い材料になる。中国経済の成長鈍化への懸念はあるものの、16日発表の中国の1-3月期国内総生産(GDP)が市場予想と一致した場合、リスク選好的な豪ドル買い・円売りを促す一因になるとみられる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・15日:3月雇用統計(2月:失業率5.8%、雇用者数増減+8.87万人)

予想レンジ:82円70銭-84円70銭




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »