株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ユーロ130円30銭近辺、ECB理事が悲観的な見方  4月12日13時56分

午後の東京外為市場でユーロ・円は1ユーロ=130円30線近辺で推移。ECBのパネッタ理事は、ユーロ圏は危機前の成長軌道に戻らない見通しであり、2年間の景気拡大が永久に失われた可能性があると、悲観的な見方を示した。

一方、東京株式市場は日経平均が157.37円安と後場に入り安値圏での横這いの値動きで推移している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が520円安と前場の高値から1000円以上下落していることや、半導体関連銘柄が値を下げ相場の重しとなっているようだ。米国が安全保障上の問題として12日にも半導体の供給問題で会合を開催することが、先行き不透明感を高め、半導体関連株に対する投資心理を悪化させているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »