株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅反落、主力処の下げが目立つ展開  4月12日16時22分

 本日のマザーズ指数は大幅反落となった。日経平均と同様に朝方は買いが先行し、マザーズ指数も小幅に上昇して始まった。しかし、寄り付き直後につけた1248.01ptを
高値として即座にマイナス転換。その後も前引けにかけて下げ幅を広げる展開となった。後場に入り、やや切り返す局面もあったが、結局は再び冴えない動きに。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1338.86億円。騰落数は、値上がり108銘柄、値下がり234銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、7%安となったウェルスナビ<7342>がマザーズ売買代金トップにランクイン。買われた銘柄もあったとはいえ、ウェルスナビの他、ココナラ<4176>、QDレーザ<
6613>、ENECHANGE<4169>、アクシージア<4936>など直近IPO銘柄では下げが目立った。
21年8月期の営業利益を従来予想の2.60億円から1.10億-1.40億円に下方修正したチームスピリット<4397>も急落。その他、AIinside<4488>、メルカリ<4385>、フリー<4478>、HENNGE<4475>、マネーフォワード<3994>などマザーズの主力処でも売りが目立った。一方、子育て関連の一角として物色されたベビーカレンダー<7363>を筆頭にAppier<4180>、オキサイド<6521>、KaizenPF<4170>など直近IPO銘柄でも上昇した株は散見。子会社のスマホ向け新マッチングアプリの配信開始日が4月28日に決定と発表したバンクオブイノベ<4393>は後場に急伸。その他、INCLUSIVE<7078>、エヌ・ピー・シー<6255>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »