株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:オキサイドは大幅に続伸、QDレーザが大幅反発  4月13日16時40分

<6255> NPC 708 -47
大幅反落。21年8月期の営業利益を従来予想の3.27億円から5.15億円に上方修正している。上半期における原価低減の効果が通期でも寄与するほか、旅費交通費、研究開発費を中心とした販売管理費の減少が背景。ただ、売上高については、太陽電池製造装置及びパネル解体装置で客先プロジェクトの遅れがあり、見通しを若干引き下げている。また、上方修正後でも、上半期実績から逆算した下半期の営業利益計画は0.98億円と前年同期比で86.3%減の大幅減益見通し。今後の業績鈍化が嫌気されて売り優勢となっている。

<6034> MRT 1247 +33
大幅反発。東京都八王子市から新型コロナウイルスワクチン接種の委託を受けている医療機関の医療人材確保に向け、支援を開始したと発表している。医療人材の紹介・採用管理サービスの「Re:ray」を活用する。今後、新型コロナのワクチン接種にとどまらず、地域医療機関で求められている継続的な診療体制構築に向け、医療人材インフラとしての役割を担うとしている。

<6613> QDレーザ 1431 +250
大幅反発。SMBC日興証券が投資評価「1」、目標株価1750円で新規にカバレッジを開始している。前日終値は1181円。同証券は「半導体レーザ、光学設計技術を背景に製品化された同社アイウェアの拡販本格化により黒字化への確度は高まってきている」などと判断。その上で「これまでのスマートグラス等とは一線を画す特徴的なアイウェアにより弱視患者のQOLの改善に寄与する企業」との見方を示している。

<6312> フロイント 786 +11
大幅に反発。21年2月期の営業利益を従来予想の10.00億円から11.40億円(前期実績5.58億円)に上方修正している。新型コロナウイルス感染拡大で機械部門の輸出案件で一部に出荷の遅れが発生するなどし、売上高は従来予想の178.00億円から167.60億円(同167.72億円)に引き下げたものの、経費削減や補助金収入、保険金収入などで利益が押し上げられる見通しとなった。

<3542> VEGA 1951 +165
大幅に反発。3月の売上高(LOWYA事業)が前年同月比26.1%増の19.88億円になったと発表している。うち旗艦店は60.0%増の10.35億円。20年4月-21年3月を合算すると、累計売上高は190.10億円となる。21年3月期の業績予想では売上高は180.00億-200.00億円となっており、会社計画の範囲内での売上達成が確実になったとの見方から買いが入っているようだ。

<6521> オキサイド 6740 +640
大幅に続伸。22年2月期の営業利益予想を前期比13.7%増の4.16億円と発表している。半導体事業で製品の新規販売や販売済製品のメンテナンスなどが伸びるほか、ヘルスケア事業で大手ユーザーでのシェアアップが増益に寄与する見通し。21年2月期の営業利益は197.4%増の3.65億円で着地した。半導体装置メーカーなどからの製品引き合いや受注状況が増勢となり、利益が大幅に拡大した。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »