株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外部環境は依然良好も決算シーズン前に様子見ムード強く  4月14日12時24分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29649.85;-101.76TOPIX;1952.59;-5.96


[後場の投資戦略]

 市場の外部環境に大きな変更はなく、日米ともに完全に企業決算を見極める局面に入ったようだ。上述したように、前日に、米疾病対策センター(CDC)などが血栓が生じる事例が報告されたとしてジョンソン・エンド・ジョンソン製ワクチンの接種中断を勧告した。ただ、政府は今回の接種中断が政権のワクチン計画に大きな影響を与えることはないとの見方を示し、バイデン米大統領も「計画に疑う余地はない」と語ったとのこと。そのほか、ファイザーのCEOが、5月末までの米国内でのワクチン供給を10%増量できると表明したほか、モデルナは、自社製ワクチンが6カ月後も90%を超える有効性を維持したという最新の分析結果を示した。こうしたことから、ワクチン接種のペース加速による景気回復というメインシナリオは崩れていないようだ。

 また、注目されていた米3月消費者物価指数は前年同月比2.6%増と、市場予想(同2.5%増)を小幅に上回る程度で、FRBの金融政策方針に当面大きな変更はないとの見方が支配的となり、市場に安心感をもたらした。米10年物国債利回りも1.6%台前半へと低下した。株式市場の先行き警戒感を示すボラティリティー(変動率)・インデックスについても、米VIX指数および日経平均VIともに16pt台と、警戒水準の20ptを大きく下回った安定推移が継続している。

 このように、ワクチン普及による経済活動正常化というファンダメンタルズの好転、そして、FRBによる大規模金融緩和の継続というマクロ政策の維持にもとづく良好な外部環境に大きな変化はない。そうした中、米国では今夜からJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスなどの大手金融企業の決算が控えており、日本国内でも今月末からの製造業本決算の前に、本日大引け後には内需系企業の決算ラッシュが控えている。

 市場は、完全に決算見極めモードに入っており、売買高も膨らみにくいなか、指数はこう着感を強める一方だ。しかし、東証全体での騰落率上位の銘柄をみていると、好業績リリースの銘柄が大幅上昇している一方で、失望的な決算は発表した銘柄が大きく下落するなど、決算内容には素直に反応しているものが多い様子。先日の安川電機<6506>の決算だけをみると、決算内容に素直に反応しにくく、ハードルが高いものとも窺えたが、先んじて織り込み、株価が上場来高値圏にある銘柄でなければ、反応はストレートのものが多いようだ。

 手掛かり材料が業績リリース関連に限られるなか、好業績が発表された銘柄には瞬間的な上昇だけでなく、断続的な買いが入る可能性がありそうだ。決算内容が良かった銘柄に対してはやや押したところを素直に拾う順張り的な戦略が奏功しやすいかもしれない。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »