株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反落、決算前の様子見ムードで個別株物色にとどまる  4月14日16時00分

日経平均は反落。前日の米国株式市場では3月消費者物価指数が市場予想程度の伸びに収まったことでインフレ懸念が後退、長期金利が低下しハイテク株を中心に上昇した。一方、一部ワクチン供給への懸念の台頭を背景に景気敏感株が売られNYダウは小幅に続落した。前日に3万円手前での上値の重さが確認された日経平均は小幅安でスタートすると一時は下げ幅を180円程にまで拡げた。対ドルでの為替の円高や国内外でのコロナ感染第4波への懸念などが重しとなった。ただ、米金融大手や国内企業の決算を前に総じて様子見ムードが強く、材料難のなかその後は上下100円内での狭いレンジ推移が続いた。

 大引けの日経平均は前日比130.62円安の29620.99円となった。東証1部の売買高は10億3628万株、売買代金は2兆2534億円だった。セクター別では、海運業、繊維製品、非鉄金属、電気・ガス業、石油・石炭製品などが下落率上位となった。一方、鉄鋼、精密機器、ゴム製品、陸運業、電気機器の5業種のみが上昇となった。東証1部の値上がり銘柄は34%、対して値下がり銘柄は全体の63%であった。

 個別では、業績関連のリリースがネガティブ視されたところで、Jフロント<3086>、リテールパートナーズ<8167>、クリレスHD<3387>、東名<4439>などが大幅に下落。22年2月期営業損益予想を27億円の黒字見通しとしながらも前期無配を決めた吉野家HD<
9861>は朝高後まもなく売りに押され下落に転じた。売買代金上位では、ソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテ<9983>、トヨタ<7203>、日本電産<6594>、三菱UFJ<8306>、武田薬品<4502>、三井住友<8316>、日立製作所<6501>などが軟調に推移した。

 一方、反対に業績関連のリリースがポジティブ視されたセラク<6199>、E・Jホールディングス<2153>、フィルカンパニー<3267>、黒谷<3168>などが大きく上昇。また、投資判断の格上げを材料に日本製鉄<5401>が大幅高となり、外資証券による新規の買い推奨を受けた日本電子<6951>はストップ高に。そのほか、「米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)がCVCの提案を上回る金額で買収提案を計画している」と報じられた東芝<6502>が改めて大幅高となった。売買代金上位では、任天堂<7974>、マネックスG<8698>、レーザーテック<6920>、キーエンス<6861>、エムスリー<2413>、富士フイルム<4901>、楽天グループ<4755>などが堅調だった。


<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »