株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ワクチン接種と米金融政策  4月14日15時06分

 報道によると、フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は4月13日、今年の米経済成長率は5−6%に達するとの見方を示したものの、経済回復はまだ初期の段階にあり、米連邦準備制度理事会(FRB)は現行の金融政策を維持するとの見方を伝えた。ハーカー総裁は「ワクチン接種が進展し、集団免疫が得られるまで、完全な景気回復は実現しない」と指摘した。ワクチン接種については、セントルイス地区連銀のブラード総裁が国民の75%がワクチンを接種したら、緩和縮小の協議を開始する可能性について言及している。

 米保健当局は13日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチン使用中断を勧告したが、米政府は5月までファイザー、モデルナのワクチンで対応するが、ワクチン接種ペースが米金融政策に影響を及ぼす可能性は残されており、FRBの対応が注目されそうだ。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »