株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に農業総研  4月14日14時57分

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の14日午後2時現在で、農業総合研究所<3541.T>が「売り予想数上昇」で2位となっている。

 13日の取引終了後に発表した第2四半期累計(20年9月~21年2月)単独決算が、売上高21億9200万円(前年同期比47.4%増)、営業損益8700万円の赤字(前年同期1300万円の赤字)、最終損益7500万円の赤字(同900万円の赤字)となり、赤字幅が拡大したことが売り予想数の上昇につながっているようだ。

 巣ごもり需要や内食需要の拡大を背景に青果需要が堅調に推移していることに加えて、スーパーマーケットなど国内小売店への導入店舗数の増加などで、流通総額、売上高は高成長を継続した。ただ、長引く相場安による利益率の悪化と流通総額の更なる拡大に備えたシステム開発や産直卸事業推進のための人材投資の実施などによる負担増があり、営業赤字幅が拡大した。

 なお、21年8月期通期業績予想については、売上高のみ40億~44億円(前期比15.2~26.7%増)を見込むと発表しており、利益については新型コロナウイルス感染拡大による事業環境の変化による影響を考慮し、合理的に予測可能となった時点で開示するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アクモスが続伸、自社ソリューションが大同生命のサービスに採用
富士フイルムが高い、国内大手証券は目標株価8400円に引き上げ
エーアイテイ、22年2月期は増収増益見込みで2円増配


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »