株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タキヒヨーが後場上げ幅を拡大、15万株を上限とする自社株買いを実施へ  4月14日14時14分

 タキヒヨー<9982.T>が後場上げ幅を拡大している。午後2時ごろ、上限を15万株(発行済み株数の1.62%)、または3億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視されている。取得期間は4月15日から10月29日までで、資本効率の改善及び株主への利益還元の向上を目的としている。また、4月30日付で10万株(発行済み株数の1.04%)の自社株を消却するとあわせて発表している。

 同時に発表した21年2月期連結決算は、売上高500億4200万円(前の期比17.0%減)、営業損益10億1800万円の赤字(前の期1億300万円の赤字)だった。アパレル・テキスタイル関連事業で、量販店、専門店、百貨店アパレルなど主力得意先向けのアパレル及びテキスタイル(生地)卸売、欧米向け輸出販売などが年間を通して厳しい状況が続いたという。

 なお、22年2月期業績予想は、売上高550億円(前期比9.9%増)、営業利益2億2000万円と営業損益の黒字転換を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に東芝
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
ピックルス続伸、22年2月期は増収増益を見込む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »