株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:小反発、RSIと騰落レシオは中立圏  4月15日18時15分

15日の日経平均は小反発した。ローソク足は陽線を引いたが、下降中の5日線を昨日に続いて下回って終了。一方、上向きの25日線を割り込む場面はなく、こう着感が一段と強まった。RSI(14日ベース)は59.24%、東証1部の騰落レシオ(25日ベース)は112.44%といずれも中立圏にとどまり、売り買いの拮抗状態を窺わせた。一目均衡表では、転換線と基準線がともに横ばいでもみ合い延長を示唆している。明日16日終値が本日終値比75.14円高の29717.83円を下回ると遅行線が弱気シグナル発生を開始して三役好転が崩れ、買い圧力が弱まる可能性が出てくる点に留意したい。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »