株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は小幅反発、プラスに転じるも上値重く  4月15日15時52分

日経平均は小幅反発。14日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、53ドル高となった。金融大手の決算が市場予想を上回ったほか、地区連銀経済報告(ベージュブック)で経済活動が緩やかなペースで加速したことが明らかになり、景気敏感株を中心に買いが入った。一方、長期金利の上昇でハイテク株が軟調となり、本日の日経平均も値がさ株を中心に売りが先行して47円安からスタート。朝方プラスに切り返すと一時29787.66円(前日比166.67円高)まで上昇したが、その後はアジア株安などを受けて上値の重い展開となった。

大引けの日経平均は前日比21.70円高の29642.69円となった。東証1部の売買高は9億4138万株、売買代金は2兆0200億円と1月18日以来の低水準だった。業種別では、海運業、鉱業、石油・石炭製品が上昇率上位だった。一方、その他製品、精密機器、電気機器など4業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の57%、対して値下がり銘柄は39%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が2%近く上昇したほか、トヨタ自
<7203>や東芝<6502>、それに三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株が堅調。ソニーG<6758>とファーストリテ<9983>は小幅高にとどまった。月次情報開示の7&iHD<3382>は5%超の上昇。サイゼリヤ<7581>やコメダHD<3543>は決算を好感した買いが入った。また、決算発表のベイカレント<6532>や直近上場の紀文食品<2933>、前日ストップ高の日電子<6951>は商いを伴って急伸し、RPA<6572>が東証1部上昇率トップとなった。一方、任天堂<7974>やレーザーテック<6920>、東エレク
<8035>といった値がさ株の一角が軟調。決算発表銘柄では良品計画<7453>が5%近い下落となり、クリレスHD<3387>なども売りがかさんだ。また、ベクトル<6058>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »