株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米金利見通しについては予断を許さない状況が続くか  4月15日13時54分

 米連邦準備制度理事会(FRB)が4月14日に公表した地区連銀経済報告によると、米国経済活動は拡大しており、個人消費は改善傾向にあるようだ。報告によると、全国的な経済活動は、2月遅くから4月初めに緩やかなペースに加速したもようだ。個人消費については、「消費は力強さを増した」、「観光業に関する報告はより前向きな内容となった」と指摘された。

 14日の米国債券市場では、パウエルFRB議長が「ほとんどのメンバーは2024年まで利上げを予想していない」との見方を伝えたものの、長期金利は下げ渋った。FRBは金融緩和策の長期継続を計画しているようだが、市場参加者の間からは「2022年にかけて米国経済はさらに改善する可能性があるため、2023年以降も大規模な金融緩和策を維持することは難しくなる」との声が聞かれている。米国の金利見通しについては、予断を許さない状況となりそうだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »