株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「再生可能エネルギー」が7位にランク、日米首脳会談を前に再注目<注目テーマ>  4月15日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 半導体製造装置
3 ゴルフ
4 2021年のIPO
5 子育て支援
6 フィンテック
7 再生可能エネルギー
8 全固体電池
9 カラオケ
10 水素

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「再生可能エネルギー」が7位となっている。

 米国時間16日に菅義偉首相とバイデン米大統領が首脳会談を行う予定となっており、「脱炭素」がテーマのひとつになるとみられている。

 菅首相は13日に開いた政府与党連絡会議で、「新型コロナウイルスや気候変動などさまざまな課題について、日米間の連携と協力を確認したい」との考えを示した。また、22日に米国主催の気候変動サミット、6月に英国で主要7カ国首脳会議(G7サミット)を控え、主要国が2030年の温暖化ガス削減目標を発表することが見込まれるなか、「50年カーボンニュートラルと整合的かつ意欲的な目標をできるだけ早く打ち出し、国際社会の議論をリードする必要があり、検討を早急に進めていく」ことも表明している。

 こうしたなか、株式市場では再生可能エネルギー関連株が改めて注目されており、太陽光発電を施工・販売するウエストホールディングス<1407.T>、太陽光発電事業を手掛けるサニックス<4651.T>、太陽電池の製造装置大手のエヌ・ピー・シー<6255.T>、風力発電事業を行う日立造船<7004.T>、バイオマス発電所を運営するイーレックス<9517.T>、再生エネ事業を展開するレノバ<9519.T>などの動向から目が離せない。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は横ばい、売り一巡後は持ち直す
東京株式(前引け)=小幅反発、商い薄で上値の重さ意識
◎15日前場の主要ヘッドライン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »