株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ウォンテッド急伸、ビジネスSNS事業堅調で21年8月期業績予想を上方修正  4月15日14時17分

 ウォンテッドリー<3991.T>が急伸し年初来高値を更新した。14日の取引終了後、21年8月期連結業績予想について、売上高が27億9000万~31億円から33億8000万円(前期比9.2%増)へ、営業利益が3000万~2億5000万円から8000万~2億5000万円(同82.0%~43.6%減)へ、純利益が600万~1億円から2500万~1億円(同89.3%~57.1%減)へ上方修正したことが好感されている。

 新型コロナウイルスの感染拡大による悪影響が想定より限定的となっているほか、求人情報サービスなどのビジネスSNS「Wantedly」事業の売り上げも堅調に推移していることが要因としている。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(20年9月~21年2月)決算は、売上高16億3500万円(前年同期比1.9%増)、営業利益4億1800万円(同2.2倍)、純利益2億5500万円(同2.6倍)だった。第2四半期累計の営業利益は既に通期計画を大きく上回ったことから、通期業績の増額修正に対する期待も広がっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
トレファクが大幅反発、22年2月期は営業利益7.5倍で6円増配を予想
デュアルTが反発、エナジー飲料手掛けるキーバとマレーシアで合弁事業開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »