株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SIは年初来高値更新、22年2月期経常益は50%増とV字回復見込む  4月15日14時54分

 システムインテグレータ<3826.T>が反発し、年初来高値を更新した。同社は14日取引終了後に、22年2月期の単独業績予想を公表。経常利益見通しは前期比50.1%増の6億3600万円と、V字回復(前期は前の期比36.2%減の4億2300万円)を見込んでいることが好感されているようだ。

 売上高は同13.9%増の48億5000万円を予想。ObjectBrowser事業(データベース開発ツール、データベース設計支援ツール、統合型プロジェクト管理ツール、アプリケーション設計ツールで構成)の売り上げ回復を見込んでいるほか、Eコマース事業やERP(統合基幹業務システム)事業が好調に推移するとみている。

 また、あわせて新中期経営計画も発表しており、最終年度となる24年2月期の売上高目標は62億円、経常利益9億6600万円を掲げている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シミックHDが上伸、モネと医療MaaSに特化した事業開発プログラム開始へ◇
<個人投資家の予想> 04月15日 14時
テラスカイが急落、22年2月期営業利益は31%減を見込む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »