株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大塚HDが続落、国内大手証券は目標株価を小幅下方修正  4月15日14時57分

 大塚ホールディングス<4578.T>が続落。SMBC日興証券は14日、同社株の目標株価を5500円から5400円に小幅に下方修正した。投資評価の「1」は継続した。新規抗精神病薬のレキサルティ(アジテーション)に関して中間解析結果から試験続行が決定した。試験の終了は22年前半の見込み。これに伴い、同証券では同薬の上市時期の予想を1年間遅延させた。この遅延は短期的にはネガティブだが、レキサルティの成功確率に対する見方は変わらないと同証券ではみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
SIは年初来高値更新、22年2月期経常益は50%増とV字回復見込む
シミックHDが上伸、モネと医療MaaSに特化した事業開発プログラム開始へ◇
<個人投資家の予想> 04月15日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »