株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大和ハウスの21年3月期業績及び配当は計画上振れで着地  4月15日16時23分

 大和ハウス工業<1925.T>がこの日の取引終了後、集計中の21年3月期連結業績について売上高が4兆円から4兆1000億円(前の期比6.4%減)へ、営業利益が2580億円から3450億円(同9.5%減)へ、純利益が1300億円から1820億円(同22.1%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴うGoToキャンペーンの停止などによりホテルなど一部事業では売上高の減少が見込まれるものの、既受注の請負工事の施工と投資不動産の売却が順調に進捗したことが売上高を押し上げた。また、景気対策への財政支出や緩和的な金融政策の継続により年金資産の運用環境が改善したことに伴い、年金資産の運用益約420億円を追加で織り込んだことなども利益上振れに寄与した。

 なお、60円を予定していた期末配当を66円に引き上げたとあわせて発表した。年間配当は116円(前の期115円)となる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午後:債券サマリー 先物は小反落、米経済指標の発表控え模様眺め
東京株式(大引け)=21円高、手掛かり材料難で売り買いともに手控え
外為サマリー:108円90銭前後で推移、手掛かり材料難で一進一退


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »