株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

さいか屋はストップ高、AFC-HDと資本・業務提携◇  4月19日09時37分

 さいか屋<8254.T>が急騰し一時ストップ高の435円に買われている。前週末16日の取引終了後、AFC-HDアムスライフサイエンス<2927.T>と資本・業務提携を行うと発表しており、これが好材料視されている。

 AFC-HDを割当先として183万5000株の第三者割当増資を実施する予定で、現在の筆頭株主である浅山忠彦氏(AFC-HDに筆頭株主)の保有する株式と合わせて、さいか屋株式を248万5000株(議決権所有割合50.36%)を所有することになる。これにより、さいか屋はAFC-HDの連結子会社となる。なお、第三者割当増資による調達資金約4億8000万円は全額を運転資金に当てる予定だ。

 また業務提携では、さいか屋の顧客基盤の活用によるAFC-HD商材の販売や、AFC-HDのECインフラの活用・共有化並びに相互のコンテンツ販売、さいか屋リアル店舗を活用したテストマーケティングの実施や店舗の空きスペース活用などを行うとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
クリナップが急反発、21年3月期業績は計画上振れ一転増益で着地
<個人投資家の予想> 04月19日 09時
19日韓国・KOSPI=寄り付き3201.11(+2.49)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »