株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=タケエイ、環境関連として再脚光  4月19日10時00分

 タケエイ<2151.T>に注目したい。同社は首都圏を中心に産業廃棄物の回収・処理事業を展開している。バイオマス発電事業なども展開し、環境関連として再評価余地は大きい。震災復興プロジェクト関連の伸びもあり、産廃関連事業は堅調で21年3月期の連結営業利益は前期比12%増の37億円の見通しだ。ただ、第3四半期(4~12月)時点での進捗率は78%と順調で、市場には40億円近辺への増額観測が出ている。
 
 同社はリバーホールディングス<5690.T>と経営統合する予定で10月には新たな共同持ち株会社が上場し、「総合環境企業」として一段の飛躍を目指す。株価は1500円乗せからの一段高が期待できる。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレデバは大幅高で上場来高値に接近、EV向け需要旺盛なパワー半導体分野でも実力発揮へ
岐阜造園が一時13%高、5月末を基準日として1株を2株に株式分割へ
サンウッドが急反発、新築分譲マンションの販売好調で21年3月期業績は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »