株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デンカは反発、新型コロナウイルスの変異株検出システム開発し検証実験を開始  4月19日13時45分

 デンカ<4061.T>は反発している。午前11時ごろ、33.4%を出資する台湾プレックス・バイオ社と共同開発した新型コロナウイルスの変異株を検出する試験研究用試薬を用いて、東邦大学医学部と変異株検出システムの検証実験を開始したと発表しており、これが好感されている。

 同システムは、1種類の試薬でイングランド型、ブラジル型、南アフリカ型、カリフォルニア型と呼ばれる変異株の持つ複数種類の変異部位を同時に検出することが可能であり、測定機関における測定の手間の軽減や迅速な検出につながることが期待できるという。1~2カ月以内に、測定機関に向けて変異株検出システムとしての販売を目指すとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 04月19日 13時
ヤマダHDが後場上げ幅を拡大、21年3月期業績は計画上振れ
北国銀が反発、21年3月期業績上振れ着地で配当も10円増額


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »