株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:アスクルやエーザイなどに注目  4月20日09時07分

週明け19日の米国市場では、NYダウが123.04ドル安の34077.63、ナスダック総合指数が137.58pt安の13914.77、シカゴ日経225先物が大阪日中比350円安の29340といずれも下落した。20日早朝の為替は1ドル=108.10-20円(昨日大引け時は108.51円)。本日の東京市場では、19日の米国株安と米10年債利回り上昇からソフトバンクG<9984>を筆頭にアドバンテスト<6857>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>などグロース銘柄の下落が予想される。反面、NTT<9432>やソフトバンク<9434>などディフェンシブ色の強い大型銘柄には買いが予想される。昨日大引け後に好決算や増配、自社株買いなどを開示したいちご<2337>、シュッピン<3179>、日本調剤<3341>、KOA<6999>、NOK<7240>、の値上がりが予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたアスクル<2678>、MonotaRO<3064>、エーザイ<4523>、栗田工業<6370>、堀場製作所<6856>、日本マイクロニクス<6871>、IHI<7013>、ホンダ<7267>、SCREEN<7735>、東エレク<8035>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »