株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=急反落、国内での新型コロナ感染拡大を警戒  4月20日11時51分

 20日前引けの日経平均株価は前営業日比534円66銭安の2万9150円71銭と急反落。前場の東証1部の売買高概算は5億3503万株、売買代金概算は1兆1291億5000万円。値上がり銘柄数は503、対して値下がり銘柄数は1583、変わらずは104銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米株安に加え外国為替市場でドル安・円高が進行したことなどを背景に朝方から大きく売りが先行した。国内で新型コロナウイルスの感染者数が拡大傾向にあることも嫌気されている。大阪府をはじめ緊急事態宣言の要請を行う方針が伝わったことで、経済活動が制限され景気回復が遅れるとの思惑が売りを助長した。日経平均は500円を超える下げとなり、一時600円あまり下落し2万9000円トビ台まで水準を切り下げる場面があった。ただ、値下がり銘柄数は全体の7割強にとどまっている。

 個別ではファーストリテイリング<9983.T>が大きく値を下げたほか、トヨタ自動車<7203.T>も軟調。東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体製造装置関連が安い。ダイキン工業<6367.T>、ファナック<6954.T>なども売られた。ユーグレナ<2931.T>が値下がり率トップに売り込まれ、グリムス<3150.T>、丸井グループ<8252.T>、NTN<6472.T>なども下落した。半面、オリエンタルランド<4661.T>が反発、サイバーエージェント<4751.T>も買い優勢。タカキタ<6325.T>、イーグル工業<6486.T>が値を飛ばした。イワキ<8095.T>も高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タカキタが続急伸、21年3月期業績は一転営業増益へ上振れ着地
イーグル工が大幅反発、自動車向け需要想定上回り21年3月期業績は計画上回る
トヨタ、ホンダなど自動車株が軟調、1ドル108円近辺への急速な円高を警戒◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »