株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=584円安、新型コロナ感染拡大を警戒し急反落  4月20日15時45分

 20日の東京株式市場はリスクオフ一色の展開となり、日経平均は大幅反落を余儀なくされた。米株安や円高の進行に加え、国内で新型コロナウイルス感染者数の増加を警戒した売りがかさんだ。

 大引けの日経平均株価は前営業日比584円99銭安の2万9100円38銭と4日ぶり急反落。東証1部の売買高概算は10億8739万株、売買代金概算は2兆3866億3000万円。値上がり銘柄数は240、値下がり銘柄数は1899、変わらずは52銘柄だった。

 きょうの東京市場はリスク回避ムードのなか全体指数は大きく下値を探る展開となった。前日の米国株市場で主要株3指数がいずれも下落したほか、為替の円高進行も市場のセンチメントを悪化させている。また、新型コロナ感染拡大が続くなか、大阪府が緊急事態宣言を政府に要請する見込みとなったことで、経済活動が規制されることによる景気の落ち込みを警戒する売りが出た。日経平均寄与度の高い値がさ株が売られ、TOPIXの下げよりも相対的に大きくなり、下げ幅は一時600円を超える場面もあった。先物を絡めた仕掛け的な売り注文も観測され、日経平均は2万9000円割れ目前まで水準を切り下げた。その後はわずかに下げ渋ったものの戻り足は鈍く、ほぼ安値圏で着地している。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が軟調、ファーストリテイリング<9983.T>が大きく値を下げたほか、トヨタ自動車<7203.T>、ソニーグループ<6758.T>なども軟調。東京エレクトロン<8035.T>が安く、キーエンス<6861.T>も水準を切り下げた。ダイキン工業<6367.T>、ファナック<6954.T>なども売られた。ユーグレナ<2931.T>が値下がり率トップに売り込まれ、グリムス<3150.T>、オープンドア<3926.T>、丸井グループ<8252.T>などの下げも目立った。上昇を続けていた紀文食品<2933.T>も利食われた。

 半面、資生堂<4911.T>がしっかり、オリエンタルランド<4661.T>も小幅ながら反発。テルモ<4543.T>、セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>なども堅調だった。明豊ファシリティワークス<1717.T>がストップ高に買われ、タカキタ<6325.T>、ウイングアーク1st<4432.T>も値を飛ばしたほか、イーグル工業<6486.T>、黒谷<3168.T>なども上昇した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に明豊ファシリ
高島屋、三越伊勢丹など百貨店株が軒並み安、緊急事態宣言要請を見込んだ売り集中◇
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比横ばい圏で推移


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »