株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新光電工の21年3月期業績は計画上振れで着地  4月20日15時38分

 新光電気工業<6967.T>がこの日の取引終了後、集計中の21年3月期連結業績について、売上高が1829億円から1880億円(前の期比26.7%増)へ、営業利益が187億円から233億円(同7.2倍)へ、純利益が134億円から180億円(同6.7倍)へ上振れて着地したようだと発表した。

 テレワークやオンライン学習の拡大などを背景に、パソコン向けを中心にフリップチップタイプパッケージの売り上げが想定を上回り、採算性が向上したことが要因。また、期前半に需要低迷の影響を受けたリードフレームが、自動車市場の回復などで受注が大きく増加し、セラミック静電チャックが半導体製造装置市場における旺盛な需要を背景に好調を維持したことも寄与した。更に、第4四半期に為替相場が想定レート(1ドル=100円)に対して円安基調で推移したこともプラスに働いた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイモバイルが21年7月期業績及び配当予想を上方修正
外為サマリー:108円20銭台へ値を戻す、米長期金利上昇で底堅く推移
住友ベの21年3月期業績は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »