株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル108円台、米セキュリティ企業がハッキング被害を公表  4月21日14時19分

午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=108円台近辺で推移。米のサイバーセキュリティ大手のファイア・アイが米ネットワークセキュリティー会社のソニックウォールの電子メールの脆弱性を利用したハッキングが発生したと発表とロイターが報じている。同社は直ちに脆弱性の修正バージョンへの更新を呼びかけている。

一方、東京株式市場は日経平均が577.09円安と本日の安値圏で推移している。日銀のETF買いへの期待感から、一時は400円台まで下げ幅を縮小する場面があったものの上値が重く、軟調な展開が続いているようだ。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>1810円安、東京エレクトロン<8035>が1480円安となり相場の重しとなっているようだ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »