株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続落、環境管理、イメージワンが売られる  4月21日15時04分

 21日大引けの日経ジャスダック平均は前日比60.29円安の3882.68円と続落。値上がり銘柄数は90、値下がり銘柄数は544となった。

 個別では地域新聞社<2164>、シダー<2435>、オールアバウト<2454>、出前館<2484>、ジェイホールディングス<2721>など44銘柄が年初来安値を更新。環境管理センター<4657>、イメージ ワン<2667>、倉元製作所<5216>、大阪油化工業<4124>、クエスト<2332>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ロングライフホールディング<4355>、山大<7426>、愛光電気<9909>がストップ高。大日光・エンジニアリング<6635>は一時ストップ高と値を飛ばした。ヒップ<2136>、マリオン<3494>、フジコー<3515>、アイサンテクノロジー<4667>、ネクストウェア<4814>など12銘柄は年初来高値を更新。第一商品<8746>、MICS化学<7899>、テクノアルファ<3089>、GFA<8783>、エブレン<6599>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続落、イメージワン、環境管理が売られる
【↓】日経平均 大引け| 急反落、コロナ感染再拡大でリスク回避の売り優勢 (4月20日)
明日の【信用規制・解除】銘柄 (20日大引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »