株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、ホープ、HENNGEが売られる  4月21日15時03分

 21日大引けの東証マザーズ指数は前日比40.56ポイント安の1204.23ポイントと続落。値上がり銘柄数は33、値下がり銘柄数は314となった。

 個別ではエムビーエス<1401>、ITbookホールディングス<1447>、インタースペース<2122>、トライステージ<2178>、アールプランナー<2983>など34銘柄が年初来安値を更新。ホープ<6195>、HENNGE<4475>、ユナイテッド&コレクティブ<3557>、マクアケ<4479>、ベストワンドットコム<6577>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ブティックス<9272>がストップ高。ファンペップ<4881>は一時ストップ高と値を飛ばした。海帆<3133>、データホライゾン<3628>、スパイダープラス<4192>、バンク・オブ・イノベーション<4393>、Kudan<4425>など9銘柄は年初来高値を更新。オンコリスバイオファーマ<4588>、Retty<7356>、ビザスク<4490>、global bridge HOLDINGS<6557>、フィット<1436>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

【関連ニュース】
東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は続落、ホープ、マクアケが売られる
今週の決算発表予定 エムスリー、中外薬、日電産など (4月19日~23日)
【↓】日経平均 大引け| 急反落、コロナ感染再拡大でリスク回避の売り優勢 (4月20日)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »