株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヒップは急反発、技術料金が上昇し21年3月期業績は計画上振れ  4月21日09時22分

 ヒップ<2136.T>は急反発し年初来高値を更新している。20日の取引終了後、集計中の21年3月期単独業績について、売上高が49億2300万円から50億600万円(前の期比7.9%減)へ、営業利益が1億7800万円から2億5800万円(同53.9%減)へ、純利益が2億9600万円から3億6400万円(同4.0%減)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するなかで、期末にかけて緩やかな回復を見込んでいたが、一部地域で想定よりも稼働時間の改善が進んだことや、技術者のスキルに応じた継続的な契約交渉の推進によって技術料金が上昇したことなどが要因。また、経費活用の見直しによる販売管理費の抑制なども寄与した。なお同時に、24円を予定していた期末一括配当を30円(前の期24円)に引き上げると発表した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ヒップの21年3月期業績は計画上振れ着地
ブティックスが急反発、期末にかけ複数の案件成約し21年3月期業績は計画上回る
日本製鉄、JFEなど鉄鋼株への売り圧力目立つ、世界景気回復シナリオに暗雲も◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »