株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プロパティAは底堅い動き、時間制限付の鍵貸し機能を可能にする顔認証技術に関する特許取得  4月21日13時47分

 プロパティエージェント<3464.T>は底堅い動き。正午ごろ、子会社DXYZ(ディクシーズ)が、集合住宅における時間制限付の鍵貸し機能を可能にする顔認証技術に関する特許を取得したと発表しており、これが好感されている。

 今回特許を取得したのは「One Time(鍵貸し)機能」に関するもので、鍵を持たない家族や知人に看病や急な買い物を頼みたい時に、時間制限付きのOne Time機能を使った顔認証で入館してもらうことを可能にするもの。また、今回の取得済特許の機能は、集合住宅だけでなく貸し会議室や民泊などにも利用可能としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Genkyは大幅続落、第3四半期営業利益90%増も材料出尽くし感
<個人投資家の予想> 04月21日 13時
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.53倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »