株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

住石HDが商い急増で異彩人気、ダイヤモンド半導体関連で投資資金流入  4月21日13時55分

 住石ホールディングス<1514.T>が商いを伴い急動意、全体相場急落のなかで異彩人気を放っている。耐久性に富み高性能の次世代半導体としてダイヤモンド半導体が注目されている。佐賀大学の嘉数誠教授が20日、このダイヤモンド半導体を使って電力を制御したり、変換したりする電子部品を作製し、世界最高レベルの出力電力を得ることに成功したと発表したことを佐賀新聞が報じている。住石HDは電子部品向け人工ダイヤを製造し半導体製造装置向けに実績を有していることから、関連有力株としての思惑から買いを誘っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=大幅続落、リスクオフ加速し94%の銘柄が下落
F&LCに強気評価、国内大手証券は目標株価5900円に引き上げ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に紀文食品


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »