株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日電波は反落、5Gスマホ向け製品の設備増強を発表も反応限定的  4月21日14時04分

 日本電波工業<6779.T>は反落している。午後1時ごろ、5Gスマートフォン向けなどに使用される超小型水晶デバイス製品の生産能力増強を図るため、設備投資を実施すると発表し一時プラス圏に浮上する場面もあったが、全般安に押される格好となっている。

 米クアルコム・テクノロジーズ社の5Gスマホ向けIC用途として、20年6月に量産を開始したサーミスタ内臓水晶振動子の受注が順調に拡大し、今後見込まれる旺盛な需要に対応するために、更なる生産能力増強が必要と判断したという。また、5Gスマホやワイヤレスイヤフォンなどを含むウェアラブル機器向け水晶振動子の需要も増える見込みであることから、同製品の生産能力も増強する。同社狭山事業所及び函館エヌ・デー・ケーに約6億円をかけて製造ラインを増設する予定で、稼働開始は7月以降を予定している。なお、同設備投資による業績への影響は5月14日発表予定の22年3月期業績予想に反映する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
住石HDが商い急増で異彩人気、ダイヤモンド半導体関連で投資資金流入
プロパティAは底堅い動き、時間制限付の鍵貸し機能を可能にする顔認証技術に関する特許取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »