株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メドレーに再評価余地、国内有力証券は「A」を継続  4月21日14時45分

 メドレー<4480.T>に再評価余地が指摘されている。岩井コスモ証券は20日、同社株の投資判断「A」を継続した。目標株価は6000円(従来7500円)とした。同社は医療ヘルスケアの領域で人材関連と医療関連のクラウドビジネスを展開している。オンライン診療・調剤薬局向けシステムなどの医療プラットフォーム事業の成長性を評価。21年12月期の連結営業利益は会社予想の1億6000万~6億6000万円のレンジに対して5億5000万円(前期比39%増)を予想しており、22年12月期の同利益は9億円を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日亜鋼業がプラスに急浮上、自動車向け需要回復が想定上回り21年3月期業績は計画上振れ
欧米(21日)の注目経済指標=英消費者物価指数など
神栄が後場プラスに転じる、21年3月期業績は計画上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »