株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東光高岳の21年3月期業績は営業利益が計画上振れ  4月21日16時47分

 東光高岳<6617.T>が21日の取引終了後、集計中の21年3月期の連結業績について、営業利益が23億円から33億円(前の期比42.2%増)へ、純利益が11億円から14億円(同66.1%増)へ上振れ、営業減益予想から一転して増益で着地したようだと発表した。

 売上高は920億円から919億円(同1.5%減)へ下振れたものの、電力機器事業における機種構成の変動や原価低減の取り組みが奏功したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シノブフズが10万株を上限とする自社株をToSTNeT―3で取得へ
前田工繊の上期営業利益は計画上振れで着地
<個人投資家の予想> 04月21日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »