株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~3日ぶり大幅反発、東エレクとファーストリテで約155円分押し上げ  4月22日17時07分

22日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり207銘柄、値下がり13銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は3日ぶり大幅反発。21日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、316ドル高となった。世界的な新型コロナウイルス変異種の感染拡大が懸念されたものの、米国内でのワクチン普及による先行き期待から押し目買いが入った。日経平均もここ2日で1200円近く下落していただけに、本日は買い戻しが先行して372円高からスタート。オランダの半導体製造装置大手ASMLホールディングの好決算を受けて値がさの半導体関連株が大きく買われたこともあり、日経平均は上げ幅を広げてこの日の高値圏で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比679.62円高の29188.17円となった。東証1部の売買高は10億8355万株、売買代金は2兆2746億円だった。業種別では、海運業、鉄鋼、電気機器が上昇率上位で、その他も全般堅調。石油・石炭製品と空運業の2業種のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の83%、対して値下がり銘柄は13%となった。

値上がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>となり1銘柄で日経平均を約78円押し上げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、ソフトバンクグループ<9984>、アドバンテスト<6857>、エムスリー<2413>、信越化<4063>、テルモ<4543>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはクレディセゾン<8253>となり1銘柄で日経平均を約0.22円押し下げた。同2位は出光興産<5019>となり、帝人<3401>、コニカミノルタ<4902>、大和証券グループ本社<8601>、ENEOSホールディングス<5020>、シチズン時計<7762>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  29188.17(+679.62)

値上がり銘柄数 207(寄与度+680.66)
値下がり銘柄数  13(寄与度-1.04)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8035> 東エレク        49600          2170 +78.14
<9983> ファーストリテ    87820          2140 +77.06
<9984> ソフトバンクG     10100           178 +38.46
<6857> アドバンテ       10430           420 +30.25
<2413> エムスリー       8232           282 +24.37
<4063> 信越化         19345           645 +23.23
<4543> テルモ          4132           159 +22.90
<6954> ファナック       26415           585 +21.07
<6098> リクルートHD      5071           176 +19.01
<6367> ダイキン        22150           520 +18.73
<4519> 中外薬          4388           158 +17.07
<6971> 京セラ          7074           200 +14.40
<6762> TDK           15170           400 +14.40
<7733> オリンパス       2261          97.5 +14.04
<6645> オムロン         8720           290 +10.44
<2801> キッコーマン      6510           280 +10.08
<4568> 第一三共         3036          81.5 +8.80
<9613> NTTデータ        1682           48 +8.64
<7951> ヤマハ          6130           210 +7.56
<4901> 富士フイルム      7057           207 +7.45

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8253> クレセゾン       1209           -6 -0.22
<5019> 出光興産         2625           -9 -0.13
<3401> 帝人           1779           -17 -0.12
<4902> コニカミノルタ     587           -3 -0.11
<8601> 大和証G         560          -2.8 -0.10
<5020> ENEOS          465.4          -2.1 -0.08
<9531> 東ガス         2244.5           -10 -0.07
<7762> シチズン時計       359           -2 -0.07
<9202> ANA            2292           -14 -0.05
<3863> 日本紙          1282           -12 -0.04
<8306> 三菱UFJ         570.4          -0.9 -0.03
<9412> スカパーJ         485           -3 -0.01
<8303> 新生銀          1569           -3 -0.01



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »