株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

21日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は316ドル高と3日ぶりに急反発  4月22日07時59分

 21日の米株式市場では、NYダウが前日比316.01ドル高の3万4137.31ドルと3日ぶりに急反発した。

 米国での新型コロナウイルスワクチンの接種拡大が評価され、景気敏感株を中心に買いが流入した。1~3月期の新規会員数が予想を下回ったネットフリックスが急落したこともあり、NYダウは朝方軟調だったが引けにかけ上昇幅は拡大した。ナスダック指数も急伸した。アップルやアマゾン・ドット・コム、マイクロソフトが高く、エヌビディアやアドバンスド・マイクロ・デバイシズ、アプライド・マテリアルズなど半導体関連株が買われた。デルタ航空やアメリカン航空グループが高く、クルーズ船のカーニバルが急伸した。半面、フェイスブックやアルファベット(グーグル)が安く、スポティファイやフェデックス、マクドナルドが値を下げた。

 ナスダック総合株価指数は、163.950ポイント高の1万3950.218と3日ぶりに反発した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億2621万株だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
21日の主要国際商品市況 
21日の米国主要株価指数終値
21日の欧州主要株価指数終値


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »