株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JVCケンウ急反発 21年3月期一転して最終大幅黒字化で前期比倍増に  4月22日09時11分

 JVCケンウッド<6632.T>が寄り付き大口の買い注文を呼び込み3日ぶり急反発。同社は21日取引終了後、21年3月期業績予想の修正を発表、最終損益は従来14億円の赤字を見込んでいたが、一転20億円の黒字に上方修正した。前の期比で倍増となる。米国や中国をはじめとする世界的な自動車販売の回復を背景に同社が手掛けるカーナビの売り上げが押し上げられる形となった。コスト削減努力も反映され、営業利益段階から会社側の想定を大きく上回る状況となった。これを材料視する形でリバウンドを見込んだ投資資金の流入を誘っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
プリマが8日ぶりに反発、21年3月期の純利益が140億円程度と報じられる
日カンがカイ気配で水準切り上げる、21年3月期最終利益大幅増額で前の期比4.7倍に
東エレク、レーザーテク、SUMCOなど半導体関連が一斉高、ASML好決算が追い風に◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »