株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今村証券は3日ぶりに反発、21年3月期経常は7期ぶりに最高益を更新へ  4月22日13時09分

 今村証券<7175.T>が3日ぶりに反発。21日の取引終了後に発表した21年3月期決算(非連結)速報で、営業収益49億7300万円(前の期比50.7%増)、経常利益18億9800万円(同3.3倍)となり、いずれも7期ぶりに過去最高を更新する見通しとなったことが好感されている。株式、債券、受益証券の受入手数料が増加したことなどが収益拡大の要因という。なお、正式発表は4月28日に予定している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
A&Dは3日ぶり反発、東南アジアでの事業強化のためタイに現地法人設立
三菱電は大幅反発、国内大手証券が目標株価2000円に引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »