株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

中外炉が大幅高で3日ぶり反発、21年3月期営業損益予想が一転黒字へ  4月22日13時53分

 中外炉工業<1964.T>は大幅高で3日ぶりに反発している。午後1時ごろ、集計中の21年3月期連結業績について、営業損益が8億円の赤字から3億9000万円の黒字(前の期比77.2%減)へ、最終損益が8億円の赤字から3億2000万円黒字(同71.4%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。
 
 受注の回復時期が想定より遅れたことから売上高は255億円から247億円(同35.2%減)へ下振れた。ただ、改造・メンテナンス案件の売り上げの確保に加え、コストの低減やテレワーク活用・出張抑制などによる経費削減が業績に貢献した。同時に、50円を予定していた期末一括配当を60円(前の期は60円)にすると発表した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
T-BASEが4日続落、新株予約権の発行に警戒感
<個人投資家の予想> 04月22日 13時
ニューラルは一段高、東京流通センターにAI駐車場・車両管制ソリューションを提供◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »